上野クリニック包茎手術する場合の支払総額はいくら?

上野クリニックは包茎治療クリニックの中で最も知名度の高いことで有名です。包茎手術の費用は他のクリニックと同等ですが、症例数が多い分だけ最も安心感があるクリニックです。

 

ここでは、上野クリニックで包茎手術、増大術、長茎術などを検討されている方の為に、おおまかな支払い総額について紹介します。

 

「手術費用がどれぐらいかかるのだろう?」「予想よりも費用がかさむと嫌だな…」「追加料金が発生する?」そういった不安で先に進まないよりは、知っておくことで心構えもできますね。

 

まず、上野クリニックは明朗会計を謳っているので、最初に説明のあった治療費用が途中で増えたりすることはありません。

 

まず最初に包茎手術(仮性包茎、カントン包茎、真性包茎)の支払い総額についてみていきましょう。

 

 

 

上野クリニックの包茎手術の費用

上野クリニックの包茎手術の費用総額を計算する前に、次の手順で治療内容と費用について紹介します。

 

  1. 包茎手術の費用一覧
  2. 包茎手術のオプション
  3. 包茎の種類ごとの治療総額

 

上野クリニックでは、包茎の種類によって治療費が決まっておらず、ナイロン糸か吸収糸で区分されているので、公式サイトだけを見ても具体的に総額いくらかかるのか、ちょっと分かりにくいです。

 

そこで、包茎手術する際には必ずかかる費用について紹介し、次に見た目を良くしたり癒着を剥離するためのオプションを紹介し、さらに仮性包茎、カントン包茎、真性包茎、多院修正手術ごとに費用総額を算出していきます。

 

急がれる方は最初の方はざっと読み飛ばして、包茎の種類ごとの費用総額をチェックしてみて下さい。

包茎手術の基本料金

上野クリニックの包茎手術の費用は次の3つに分かれます。料金はすべて税別表記です。

 

包茎手術名 料金 カウンセリング アフターサービス
包茎手術(ナイロン糸) 72,000円 無料 無料
包茎手術(吸収糸) 100,000円 無料 無料
修正再手術 150,000円 無料 無料

 

全ての包茎手術の費用は、カウンセリング、アフターサービスは無料です。なので、包茎手術のみであれば、後ほど紹介する税込料金が手術費用の総額となります。

 

修正再手術というのは、他のクリニックで包茎手術をして失敗した場合のリカバリーの手術のことを指します。修正再手術のみ、別途診察料が2,000円かかります。

 

では、3つの手術費用の税込料金についてみていきましょう。

包茎手術の税込み料金

税込料金は以下の通りです。(2019年に増税予定されているので、増税後10%でも計算してみました)

 

包茎手術名 税別 8% 10%
包茎手術(ナイロン糸) 72,000円 77,760円 79,200円
包茎手術(吸収糸) 100,000円 108,000円 110,000円
修正再手術 150,000円 162,000円 165,000円

 

今回、初めて包茎手術を受けられる方は、包茎手術(ナイロン糸)もしくは、包茎手術(吸収糸)です。

 

ナイロン糸は外科手術で一般的に使われている糸を使用します。抜糸が必要ですが、縫合技術は確立されたものなので、確実な方法です。

 

「ナイロン糸と吸収糸の違いが分からない」「決めかねる」という方のために、それぞれのメリット、デメリットをまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

 

ナイロン糸 吸収糸
メリット 手術痕がきれい 再来院は不要
デメリット 再来院が必要(抜糸)

糸が太め
糸ほどけリスクあり

 

「お仕事が忙い」「遠方から来院する」など、抜糸のための再来院が難しいという方は吸収糸。

「なるべく手術跡を美しくしたい」「治療費をできるだけ安く抑えたい」という方は治療費の安いナイロン糸をオススメします。

 

ちなみに、ナイロン糸は後日(2週間後ぐらい)抜糸がありますが、ほとんど痛みはありません。よほどの遠方や忙しい場合を除き、ナイロン糸の方が安くて確実ですので、もし迷った場合は参考にしてみて下さい。医師に直接話を聞いたうえで決めるのもアリだと思います。

 

さて、以上が基本料金ですが、上野クリニックではさらに見た目を良くしたり、癒着やブツブツを取るオプション治療を選ぶことができます。その費用もざっくりご紹介します。

 

追加オプション(美容治療手術)の費用

包茎手術の基本料金にプラスして下記の費用が掛かる場合があります。基本的には見た目を良くしたり、癒着を取る施術です。

 

つまり、費用総額は基本治療費(包茎手術の費用)+オプション費用という感じです。

 

美容治療手術
治療項目 治療費
長比整合切除 5〜15万円
内板剥離 4〜8万円
外板剥離 4〜8万円
包皮口径拡大 5〜15万円
癒着剥離 7〜22万円
亀頭直下デザイン縫合 15万円〜
小帯形成 7〜12万円
ねじれ修正 5〜10万円
ブツブツ焼灼 5〜30万円

 

こちらは全て税抜き料金です。料金に幅があるので、そもそも詳細な合計金額は出せませんが、ざっくりいくらかかるかの把握はできると思います。

 

専門用語がたくさん出てきて良く分からないと思います。用語を簡単に説明しておきます。

 

長比整合切除

ペニスの形状に合わせてバランスを取る手術。

内板剥離

包皮の亀頭側の面の癒着を取る。カントン包茎、真性包茎の場合に必要。

外板剥離

陰茎にかぶさる包皮の癒着を取る。

包皮口径拡大

カントン包茎のように包皮口(皮の先端部分の開き)より亀頭が多きい場合に包皮を広げます。

包皮口径縮小

仮性包茎などで包皮が亀頭に引っかからないと皮が被りますが、常にむけた状態を維持するために包皮口を狭めます。

癒着剥離

真性包茎は亀頭と包皮が癒着してはがれませんが、その癒着をはがす。

亀頭直下デザイン縫合

いわゆる亀頭直下埋没法です。ツートンカラー(縫合による色の違い)をふせぐための施術です。

小帯形成

包茎手術で包茎小帯(裏スジ)が無くなる場合がありますが、それを

ねじれ修正

主に他院修正治療の際に、縫合によるねじれを治す。

ブツブツ焼灼

フォアダイスと呼ばれる性病ではないブツブツを電気メスで焼き切る。

 

これら追加オプションは包茎の種類によっても要否が分かれ、自分で選べるものもあれば、医師の判断で推奨されることもあります。

 

正直、この費用一覧だけを見て、どれが必要で、どうか不要か、事前に判断することは不可能に近いと思います。

 

カウンセリングで上野クリニックの医師の判断を仰いだ上で、予算を考えながら、実施すべきもの、そうでないものを判断されることをオススメします。

 

以上で上野クリニックの包茎手術に関する全ての治療費を紹介しました。早速、仮性包茎、カントン包茎、真性包茎の場合で具体的な費用総額を計算してみました。

 

 

 

仮性包茎手術の支払い総額

仮性包茎の場合、包皮が亀頭に癒着していないので、基本的には費用総額は、包茎手術費用のみ7万円〜11万円で収まると思います。

 

まず、税込みの包茎手術の費用をご紹介し、先ほど紹介した追加オプション(美容治療手術など)が必要なケースと、費用総額を計算してみました。

 

仮性包茎手術の税込費用

消費税率によって異なる仮性包茎の支払い総額が以下の通りです。包茎手術の基本料金は仮性包茎・カントン包茎で全く同じです。

 

この記事を書いているのは2018年9月なので消費税率8%ですが、2019年10月に消費税率10%に上がることが予定されているので、併記してみました。

 

包茎手術名 税別 税率8% 税率10%
包茎手術(ナイロン糸) 72,000円 77,760円 79,200円
包茎手術(吸収糸) 100,000円 108,000円 110,000円

 

消費税8%と10%はわずか2%の違いですが、例えば費用総額50万円とした場合、50万円×2%=1万円と結構違うので、もし検討中であれば税金が上がる前にやった方がお得かもしれません。

 

とはいえ、増税後は増税分の優遇処置も出る可能性も否定できませんね。

 

仮性包茎で必要なオプション手術(美容治療手術)

仮性包茎の場合は、上記に加えて、下記のオプション施術が必要になる場合があります。(灰色は仮性包茎には直接関係の無いと推測したので無視してください)

 

治療項目 治療費
長比整合切除 5〜15万円
内板剥離 4〜8万円
外板剥離 4〜8万円
包皮口径拡大 5〜15万円
癒着剥離 7〜22万円
亀頭直下デザイン縫合 15万円〜
小帯形成 7〜12万円
ねじれ修正 5〜10万円
ブツブツ焼灼 5〜30万円

 

これは、一つの参考程度に留めてください。実際の費用総額は包茎手術を受ける前に、カウンセリング時に費用総額を全て出してもらいましょう。

 

実際の費用総額は包茎手術を受ける前に、かかる費用を全て出してもらいましょう。

 

上野クリニックの仮性包茎の治療費総額まとめ

以上のかかる費用を合算すると、仮性包茎の費用総額は次のような結果となります。

仮性包茎手術のみの費用総額

仮性包茎のみの治療総額は、ナイロン糸と吸収糸で違いはありますが、およそ7万円〜11万円です。

仮性包茎手術+亀頭直下デザイン縫合

仮性包茎手術に亀頭直下デザイン縫合を組み合わせた場合、最低でも22万円〜26万円です。亀頭直下デザイン縫合が15万円〜となっているので具体的な費用総額は分かりませんが、ツートンカラー避けられて30万円弱で収まる場合もあると考えると安いと思います。

仮性包茎手術+小帯形成

いずれ色の差が無くなるツートンカラーは許せるけど、性感帯の一つである小帯は残したいという方はこの組み合わせです。費用総額は14万円〜23万円です。

 

仮性包茎手術+亀頭直下デザイン縫合+小帯形成

この組み合わせは仮性包茎において、最も美しい仕上がりになりますが、その分費用は掛かります。総額総額は最低でも29万円〜38万円です。正直言って、後悔したくないなら、この選択肢がベストです。ブツブツも取るとなれば、最低でも34万円〜68万円と大幅アップします。

仮性包茎手術+ブツブツ(フォアダイス)除去

仮性包茎手術と併せてブツブツを取る場合の費用総額は12万円〜41万円です。

 

特に亀頭直下デザイン縫合、小帯形成などは見た目の印象に大きく影響するものです。よくよく検討してみてください。

 

実際にオプション治療の美容治療手術が必要かどうかは、医師とのカウンセリングの際に症状を見てもらい、過去の症例写真を見ながら検討した方がいいです。

 

事前に不要と思っていても必要だったり、逆に必要と思っていても不要の場合もあります。カウンセリングのみでも料金かからないのが上野クリニックの利点です。まずは足を運んでみて下さい。

 

 

 

カントン包茎手術の支払い総額

カントン包茎の場合、包皮口が狭いことが原因なので、包皮口拡大のオプションが別途必要です。

 

カントン包茎の場合も包茎手術の基本料金自体は変わりません。税込み費用は以下の通り。

カントン包茎手術の税込費用

消費税率によって異なる仮性包茎の支払い総額が以下の通りです。包茎手術の基本料金は仮性包茎・カントン包茎で全く同じです。

 

包茎手術名 税別 8% 10%
包茎手術(ナイロン糸) 72,000円 77,760円 79,200円
包茎手術(吸収糸) 100,000円 108,000円 110,000円

 

消費税による違いは、この治療費単体では安いと思うかもしれませんが、カントン包茎の場合は以下の追加費用も含めた費用にかかってくるのでばかになりません。

 

カントン包茎で必要なオプション手術(美容治療手術)

カントン包茎の場合は、上記に加えて、下記のオプション施術が必要になる場合があります。(灰色はカントン包茎には直接関係の無いと推測したので無視してください)

 

治療項目 治療費
長比整合切除 5〜15万円
内板剥離 4〜8万円
外板剥離 4〜8万円
包皮口径拡大 5〜15万円
癒着剥離 7〜22万円
亀頭直下デザイン縫合 15万円〜
小帯形成 7〜12万円
ねじれ修正 5〜10万円
ブツブツ焼灼 5〜30万円

 

これは、一つの参考程度に留めてください。例えば、カントン包茎でも癒着している場合は内板外板の癒着剥離が必要になります。

 

実際の費用総額は包茎手術を受ける前に、カウンセリング時に費用総額を全て出してもらいましょう。

 

上野クリニックのカントン包茎の治療費総額まとめ

以上のかかる費用を合算すると、カントン包茎の費用総額は次のような結果となります。

 

カントン包茎手術のみの費用総額

カントン包茎のみの治療総額は、ナイロン糸と吸収糸で違いはありますが、およそ7万円〜11万円です。おそらく、カントン包茎で、この費用で済む方はほんの一部だと思います。

カントン包茎手術+包皮口拡大

カントン包茎の最低料金は、この組み合わせです。費用総額は12万円〜26万円です。

カントン包茎手術+包皮口拡大+亀頭直下デザイン縫合

カントン包茎手術と包皮口拡大に加えて、亀頭直下デザイン縫合を組み合わせた場合、最低でも27万円〜41万円です。亀頭直下デザイン縫合が15万円〜となっているので具体的な費用総額は分かりませんが、ツートンカラー避けられて30万円弱で収まる場合もあると考えると安いと思います。

カントン包茎手術+包皮口拡大+小帯形成

いずれ色の差が無くなるツートンカラーは許せるけど、性感帯の一つである小帯は残したいという方はこの組み合わせです。費用総額は19万円〜38万円です。

 

カントン包茎手術+包皮口拡大+亀頭直下デザイン縫合+小帯形成

この組み合わせはカントン包茎において、美しい仕上がりになりますが、その分費用は掛かります。総額総額は最低でも34万円〜53万円です。正直言って、後悔したくないなら、この選択肢がベストです。
さらに、ブツブツも取るとなれば、最低でも39万円〜83万円と大幅アップします。

カントン包茎手術+包皮口拡大+ブツブツ(フォアダイス)除去

カントン包茎手術と内板外板剥離、さらにブツブツ(フォアダイス等)を取る場合の費用総額は17万円〜57万円です。

 

正直言って、カントン包茎手術は仮性包茎手術に比べると費用は高めです。しかし、カントン包茎は緊急性を要するケースも多いです。費用が高いからといって放置することは症状を悪化させたり、若年者の場合は、将来の亀頭・陰茎の成長にとって好ましくないです

 

仮性包茎と同様に、亀頭直下デザイン縫合、小帯形成などは見た目の印象に大きく影響するものです。よくよく検討してみてください。

 

実際にオプション治療の美容治療手術が必要かどうかは、医師とのカウンセリングの際に症状を見てもらい、過去の症例写真を見ながら検討した方がいいです。

 

事前に不要と思っていても必要だったり、逆に必要と思っていても不要の場合もあります。カウンセリングのみでも料金かからないのが上野クリニックの利点です。まずは見てもらうだけでもおおよその費用が分かると思いますので、足を運んでみて下さい。

 

 

 

真性包茎の支払い総額

真性包茎の場合、包皮と亀頭が確実に癒着しているので、癒着剥離は必須です。その分、総額は当然ながら上がります。

 

仮性包茎、カントン包茎、真性包茎の中でも真性包茎は最もお金がかかる治療のケースが多いです。

 

費用総額の前に、まずは包茎手術のみ税込み費用をご紹介します。当然ながらこれだけでは収まるものでは無いです。後ほど紹介するオプション(美容治療手術)

 

真性包茎手術の税込費用

消費税率によって異なる仮性包茎の支払い総額が以下の通りです。包茎手術の基本料金は仮性包茎・カントン包茎で全く同じです。

 

包茎手術名 税別 8% 10%
包茎手術(ナイロン糸) 72,000円 77,760円 79,200円
包茎手術(吸収糸) 100,000円 108,000円 110,000円

 

消費税による違いは、この治療費単体では安いと思うかもしれませんが、カントン包茎の場合は以下の追加費用も含めた費用にかかってくるのでばかになりません。

 

真性包茎で必要なオプション手術(美容治療手術)

仮性包茎の場合は、上記に加えて、下記のオプション施術が必要になる場合があります。(灰色は真性包茎には直接関係の無いと推測したので無視してください)

 

治療項目 治療費
長比整合切除 5〜15万円
内板剥離 4〜8万円
外板剥離 4〜8万円
包皮口径拡大 5〜15万円
癒着剥離 7〜22万円
亀頭直下デザイン縫合 15万円〜
小帯形成 7〜12万円
ねじれ修正 5〜10万円
ブツブツ焼灼 5〜30万円

 

これは、あくまで推測の域を超えないので、一つの参考にしてください。例えば、真性包茎は直接関係ないとされる「包皮口拡大」も合わせて必要なケースもあります。実際の費用総額は包茎手術を受ける前に、カウンセリング時に費用総額を全て出してもらいましょう。

 

上野クリニックの真性包茎の治療費総額まとめ

以上のかかる費用を合算すると、真性包茎の費用総額は次のような結果となります。

 

真性包茎手術のみの費用総額

真性包茎のみの治療総額は、ナイロン糸と吸収糸で違いはありますが、およそ7万円〜11万円です。残念ながら、真性包茎の場合は、この費用だけで済む方はいないです。

真性包茎手術+外板内板剥離

真性包茎の最低料金は、この組み合わせです。費用総額は15万円〜27万円です。

カントン包茎手術+外板内板剥離+亀頭直下デザイン縫合

真性包茎手術と内板外板剥離に加えて、亀頭直下デザイン縫合を組み合わせた場合、最低でも30万円〜42万円です。亀頭直下デザイン縫合が15万円〜となっているので具体的な費用総額は分かりませんが、ツートンカラー避けられて30万円弱で収まる場合もあると考えると安いと思います。

真性包茎手術+内板外板剥離+小帯形成

いずれ色の差が無くなるツートンカラーは許せるけど、性感帯の一つである小帯は残したいという方はこの組み合わせです。費用総額は22万円〜39万円です。

真性包茎手術+内板外板剥離+亀頭直下デザイン縫合+小帯形成

この組み合わせは真性包茎において、美しい仕上がりになりますが、その分費用は掛かります。総額総額は最低でも37万円〜54万円です。正直言って、後悔したくないなら、この選択肢がベストです。ブツブツも取るとなれば、最低でも42万円〜84万円と大幅アップします。

仮性包茎手術+内板外板剥離+ブツブツ(フォアダイス)除去

真性包茎手術と内板外板剥離、さらにブツブツ(フォアダイス等)を取る場合の費用総額は22万円〜57万円です。

 

正直言って、真性包茎に比べると費用は高めです。しかし、真性包茎は放置すると陰茎ガン、女性との性交渉で子宮頸がんの原因と言われているので、急いだ方が良いケースがほとんどです。

 

仮性包茎と同様に、亀頭直下デザイン縫合、小帯形成などは見た目の印象に大きく影響するものです。よくよく検討してみてください。

 

実際にオプション治療の美容治療手術が必要かどうかは、医師とのカウンセリングの際に症状を見てもらい、過去の症例写真を見ながら検討した方がいいです。

 

事前に不要と思っていても必要だったり、逆に必要と思っていても不要の場合もあります。カウンセリングのみでも料金かからないのが上野クリニックの利点です。まずは足を運んでみて下さい。

 

 

 

まとめ

このサイトでは上野クリニックの包茎手術の総額について、実際のケースを元に計算してみました。

 

あくまでも一つの参考です。組合せ次第で総額は変わりますし、個人差もあります。一概にこれに収まらないケースや予想よりも安くなるケースもあると思います。

 

ブツブツ除去したい場合は、別途費用が掛かります。包茎手術は上野クリニックにかぎらず、総額で考えると安い治療ではないということだけは確かですね。

仮性包茎手術の総額目安

仮性包茎は程度によりますが、基本手術料のみ収まります。ただし、追加料金を払って、包茎小帯を残したり、ツートンカラーを無くすなど、見た目をキレイにすることもできます。

  • 基本料金は7万円〜11万円
  • 基本料金+見た目を良くする手術の総額は14〜38万円

カントン包茎手術の総額目安

カントン包茎の場合は、包茎手術の基本料金に包皮口拡大の治療を含んだ費用が最も安い総額になります。

  • 基本料金+包皮口拡大は12万円〜26万円
  • 基本料金+包皮口拡大+見た目を良くする手術の総額は34万円〜53万円

真性包茎手術の総額目安

真性包茎の場合は、包茎手術の基本料金に内板外板剥離の治療を含んだ費用が最も安い総額になります。

  • 基本料金+内板外板剥離は15万円〜27万円
  • 基本料金+内板外板剥離+見た目を良くする手術の総額は37万円〜54万円

 

一つの参考にしてみてください。具体的にどれぐらいかかるのか疑問がある方は、ぜひ上野クリニックの無料カウンセリングに足を運んでみましょう。

 

他社ではカウンセリングのみだと有料のところが多い中、上野クリニックはカウンセリングのみでも無料です。無理な勧誘は無いですし、自身の症状や費用総額を正確に把握するには良いと思います。

 

不安を抱えたままいるぐらいなら、一歩前へ住んでみて下さい。公式サイトはこちらです。キャンペーン実施している場合もあるので、今すぐチェックしてみましょう!